たん兵衛の歩み

history_read

history

この地に牛たん屋を開いてから17年。当時の牛たん屋といえば、仙台の中心部に集中しており、
家族みんなで気軽に牛たん料理を楽しめるようなお店はありませんでした。
むしろお父さん達が仕事帰りに牛たん屋で一杯ひっかける、そんなイメージでした。

「家族でも楽しめる、本格的な牛たん屋を作りたい。
じいちゃん、ばあちゃんからお孫さんまでみんなでゆったり飲んで、
こだわりの牛たんが食べられる、自分の理想の店を。」

しかし店舗の広さや、駐車場からの距離、交通手段を考えると
街の中での物件ではどうしても限界がありました。
そんな思いを抱えながら、17年前には何もなかったこの場所に、
みんなの反対を押し切ってでもお店を出すことを決意しました。

地域に根付いたお店を作りたい、牛たんにはちょっとうるさい地元民に愛されるお店でありたい、
そんな思いで日々牛たんを焼いてまいりました。


あれから17年。よちよち歩きの赤ちゃんだった男の子が彼女を連れて来てくれたり、
小学生だった子どもが父と2人で酒を酌み交わす姿を見ながら、
たん兵衛も地域の皆様と共に年を重ね、育てていただき、
商売させていただけることに感謝しております。
「ありがとうを忘れない。」これからも皆様と共に。
master_h

店主

及川 盛貴

Seiki Oikawa